Loading

ブログ

複数の事業者が連携して取り組む事業(設備投資等)が支援されます「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」

今回のテーマは、

「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」です。

2~3分程度で読み終わりますので、

お時間のある時にぜひご覧ください。

 

■ 本補助金について

平成31年度当初予算「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」は、

中小企業・小規模事業者等が連携して取り組む、

生産性向上や地域経済への波及効果拡大に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの

改善を行うための設備投資等について支援される補助金です。

 

■ 公募期間  ━━━━━・・・・・‥‥‥………

2019年4月23日(火)~6月24日(月)※当日消印有効

(採択結果については8月ごろの発表を予定)

■ 補助金概要

<企業間データ活用型>

・補助金額:100~2,000万円/者

・補助率:原則 1/2以内

・設備投資:必須

・対象経費:機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費

 

<地域経済牽引型>

・補助金額:100~1,000万円/者

・補助率:原則 1/2以内

・設備投資:必須

・対象経費:機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費

■ 本補助金の特徴

本補助金は中小企業・小規模事業者等が複数(2者~10者)で連携して取り組む、

生産性向上や地域経済への波及効果拡大に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの

改善を行うための設備投資等を支援するものですので、1者のみの応募はできません。

また、本補助金は認定支援機関(当事務所)のサポートが必須要件となりますので、

申請を検討中の方はお気軽にご相談ください。

 

■ お問い合わせ ━━━━・・・・・‥‥‥………

【発行】

松永聡税理士事務所

【ご意見・お問い合わせ】

電話:0942-84-7697

FAX:0942-84-7697

メール:s.matsunaga@taxoffice-matsunaga.com

関連記事

  1. 小規模事業者の販路開拓・生産性向上等にかかる費用が支援されます「…
  2. ものづくり補助金
  3. 経営力向上計画について
  4. ものづくり補助金に必須 経営力向上計画
  5. 固定資産税軽減措置を利用する場合は、年内の認定が必要です。
  6. 2019年公募予定の補助金概要について
  7. 先端設備等導入計画の認定状況
  8. 2025年問題と事業承継対策(1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP