Loading

ブログ

小規模事業者の販路開拓・生産性向上等にかかる費用が支援されます「小規模事業者持続化補助金」

今回のテーマは、

「小規模事業者持続化補助金」です。

2~3分程度で読み終わりますので、

お時間のある時にぜひご覧ください。

 

■ 持続化補助金とは?

小規模事業者(業種により従業員数に制限あり)が、

商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、

その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3が補助されるものです。

 

■ 公募期間

2019年4月25日(木)~6月12日(水)※当日消印有効

■ 補助金概要

・補助率:補助対象経費の3分の2以内

・補助上限額:原則 50万円

以下のいずれかの要件を満たす場合は補助上限額が100万円に引き上げられます。

① 市区町村による創業支援等事業の支援を受けた事業者であること

② 市区町村の推薦を受けて当該市区町村の地域再生計画等に沿う買い物弱者対策等の事業であること

・補助対象者:

以下のすべての条件を満たす必要がございます。

① 小規模事業者であること (業種ごとに従業員数の制限あり)

② 商工会議所の管轄地喜内で事業を営んでいること

③ 持続的な経営に向けた経営計画を作成している(作成する)こと

④ 「補助金の交付を受ける者として不適切な者」に該当しないこと

■ 補助対象経費

こちらでは補助対象経費の一例をご紹介いたします。

・機械装置等費 ・・・ 事業の遂行に必要な機械装置等の購入に要する経費

・広告費 ・・・ パンフレットやチラシ等を作成するために支払われる経費

・開発費 ・・・ 試作品や包装パッケージの開発にともなう設計、デザイン、製造などに支払われる経費

 

補助金申請に関するご質問は当事務所までお気軽にご相談ください。

 

■ お問い合わせ

【発行】

松永聡税理士事務所

【ご意見・お問い合わせ】

電話:0942-84-7697

FAX:0942-84-7697

メール:s.matsunaga@taxoffice-matsunaga.com

関連記事

  1. 所得拡大促進税制について
  2. 今年も始まりましたものづくり補助金!!
  3. 先端設備等導入計画の認定状況
  4. 固定資産税軽減措置を利用する場合は、年内の認定が必要です。
  5. 事業承継・M&Aをきっかけとした事業者の新しいチャレン…
  6. 認定支援機関の関与が必要となる国の補助事業等(平成30年7月現在…
  7. 金融行政最前線 アパートローン監督強化でプチバブル終焉
  8. クラウドシステム等ITツールの導入をお考えの経営者は必見!!「I…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP